心のまま遊べ

愉快なヲタク

Kis-My-Ft2のSha la la☆Summer Time

あの一件の終幕から早1週間ー・・・

あの一件とは……

8月24日発売、

Kis-My-Ft2/Sha la la☆Summer Time

オリコンデイリーランキング、初登場2位だった事を知り、ファンの間で始まった購買活動のことで、「追いシャララ」「シャララ狩り」と呼ばれていました。

 

※先にお断りしますが、私は決して同発売日のグループの事を批判するつもりはありません

 

私はこの一件があるまで、シングルもアルバムもDVDも首位をキープしてきた訳ですから、今回も当然のように1位発進、1位ゴールだと思っていました。

 

そして発売後のオリコンデイリーランキングを覗いたら…違った。

Twitterでもその話題で持ちきり。正直めちゃめちゃ焦りました。

事務所の諸々があって、キスマイの立場が完全に守られているかと言われたら、そうではなくて。

 

今までのように"1位がいいね"じゃなく、"1位じゃなきゃダメ"なんです。

やっぱりこの世界は、数字なんです。

ファンは好きなグループ、タレントの努力している姿を見てついていきますが、それが必ずしも数字に繋がるとは限らない。

数字が取れなければ今後、事務所がグループに置く力は確実に減るということ。

5周年1発目のシングルで、そんなこと絶対に避けたい。

彼らはこれからもっと上に行くんです。

ライバルは決して1位のグループではないんです。

 

こうして始まった活動。

追加購入により数字を伸ばし1位に浮上、喜びに浸るキスマイファン。しかし8月26日金曜日、デイリーランキングで再び2位へ。

同日Kis-My-Ft2が出演したミュージックステーション…祈る気持ちで週間ランキングを待ち…1位で発表された時のメンバーの顔を見て、込み上げてくるものがありました。

そして最高のパフォーマンス。

 

これを機に(?)この活動が激化ー

 

SNS等で情報を共有し(そのスピードたるや)、品薄になる店舗……流通がストップした休日……そこで現れる、白馬…いや、タクシーに乗った救世主avex…!!!

avex様様です(以前はクソとか言ってごめんな)

 

協力的な店舗ばかりで、公式Twitterで応援等もしてくださいました。

 

そしてオリコン週間ランキング発表…

1.Sha la la☆Summer Time…?

1.Sha la la☆Summer Time…!?

1.Sha la la☆Summer Time‼︎‼︎

 

その日の夕方、ファン向けサイトのページで、玉森さん、北山さんが"ありがとう"と。

その瞬間、キスマイとの距離が一番近くなったのではないかと思いました。

 

 

この活動の中で学んだ事は多いです。

まず、Billboard(ビルボード)の仕組みを知りました。

CDをパソコンで読み込むツイートする際にはグループ名と曲名を正式名称で入力する(Kis-My-Ft2のSha la la☆Summer Time)、など。

 

そして、オリコン加入店舗で購入し、ウィークリーの集計日の確認をお仕事の邪魔をしないように、丁寧にすること。

 

 

一番驚いたのが、この活動はキスマイファンだけでなく、他のグループやこれまで共演してきた俳優さんのファンの方などが(面白半分もありましたが)次々に購入してくださいました。

他ジャニーズグループファンの皆様、"ワンだランド"で横尾さん、以前"家族狩り"で北山さんと共演した篠田麻里子さんファンの皆様、"MARS"で藤ヶ谷さんと共演した窪田正孝さんのファンの皆様、"TAKE FIVE"で藤ヶ谷さんを知った宝塚ファンの皆様、"ラブライブ"でお馴染み宮田さんの危機(?)と聞いたラブライブファンの皆様、音楽番組他度々お世話になっている指原莉乃さんのファンの皆様 他

たくさんの方にご協力頂きました!

ありがとうございます!!

 

 

さて、話はこの先の事になりますが

今回の一件は仕方ないというか、皆様の優しさに甘えたというか…ファン以外の方の力があってこその1位でした。

今後のシングル、アルバム、DVD…

同じことを繰り返すのでしょうか?

もう他のファンの皆様に頼ったり甘える事は出来ません。してはならないと思っています。

今回の件で頼ることに味を占めた人がいるのは悲しいですよね…

avexのスタッフブログで"この恩は作品で返していきます(ニュアンス)"と書いてありました。

話は戻りますが、やっぱり数字って大事なんです。

数字の出るものにお金を投資するのが会社なんです。数字が出せなければ言い方は悪いですが、すぐに切られる。逆に数字が出すことのできるグループと思って貰えれば、作品やコンサートももっと良いものに。

 

1位が当たり前ではないという事、1枚の意識で変わると思わせてくれたいい機会だったと思います。

 

そしてこの先6周年、7周年とキスマイもファンも一緒に上に行きたいですね!

 

長々と偉そうなこと…すみませんでした